忍者ブログ
82. 81. 80. 79. 78. 77. 76. 75. 74. 73. 72.
[PR] 2017.10.19 Thu 20:01:01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

プリキュア5☆感想 2007.11.14 Wed 22:18:00
36話「ココのヘルシー大作戦」
37話「目指せ完走!マラソン大会」
38話「プリキュア5のシンデレラ物語」
39話「恐怖!デスパライア現る!」

…というより単なるこまちさんとナッツ語りと化してしまいました。

追記にてvv






>目指せ完走!マラソン大会
のぞみが良い子すぎる。。;;でもガマオがこなければ良い線いった気がするので惜しいなぁ。
ガマオは人の努力とか踏みにじりまくるから嫌い。敵やから仕方ないけど。
さよならガマオ…やけど、ギリンマとかアラクネアのほうが残ると思っていたので
メイン敵3人のうち最後まで残ったのがガマオっていうのが意外でした。
ブンビーさんはこれからも残っててほしい(笑)

ジャージの前もピッタリ閉めてるそんなこまちさんが好きv
(EDのライブ衣装もこまちさんは前閉めてるのですvv)


>ココのヘルシー大作戦
メタボリックココダでも愛せると思った。
しかしあれは…ホモと言われても仕方が無…ナッツはすごい男である。。
シュークリームで餌付けされそうになるココダ先生。。
そうよな、シュークリームは美味しいよな。
特にカスタードのやつね。
みんなの「心から信じてる」仲間関係が大好きです。
でも私的一番のシーンはおかゆに羊羹!!!!!!かわゆい!!!


>プリキュア5のシンデレラ物語
継母がこまちさん!?かれんさんじゃなくて!?
しかしお母さん優しすぎる(笑)
映画の服だよー!!
ミルクの「踊っては転び、踊っては転び…」で爆笑。黒すぎるやろ…!!笑
魔法使いなうららかわゆい><vv
王子様ココダとナッツ!!自然な流れで踊るナッツとこまち…
ナッツの素直なところがすごく好きです。

ブンビーさん貴族の格好が似合わなさ過ぎだった。貴方は太秦のほうが良いと思います!笑
ガラスの靴の話で照れるのぞみとココダがかわゆかった(*><*)


>恐怖!デスパライア現る!…というよりロマンス全開!公園ライフ。
こまちさんかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい

ココのぞは今回はココダの想いが重点的な感じ。
イチョウの並木道が「きれーー」って言ってるところ、絶対「のぞみのほうがキレイだ」とか思っていたはずだネオロマンスココダ先生。
回を増すごとにラブラブ度数が上がっていくプリキュア5…私は大歓迎です。
ココのぞとナツこまがいれば満足なのです。。きゅんきゅん

公園のベンチに座って小説のアイディアを考えるこまちさん、
を延々眺めていたいぐらい可愛い。
おしとやかで清楚可憐、女の子らしく上品で可愛らしい振る舞い、恋する乙女、ちょっと変なセンス(おかゆに羊羹、ミステリー好きとか)
全てにおいて愛おしい。

ナッツの性格もすごく好き。何も知らなければ単に愛想のないやつだけど、即刻立ち去ろうとしたのも「邪魔しないように」っていうのが伝わるし、本当は優しい人。
咄嗟に「行っちゃうの?」って言っちゃってはっ!と口をふさぐこまちさん、照れるこまちさん、かわゆいぃいいいいいいい
それに普通に「一緒に、ナッツハウスに戻るか」ってナッツ。

ナッツもちょっとくらい頬を赤らめたりすれば良いのにー…余裕あるというか、彼は自分に正直だから、
こまちが好きだから一緒に居る。それの何が恥ずかしい?て感じなんやろうな…と思う。
いつも直球ストレートなナッツが好きです。
(でも前にココダ褒める時は頬を赤らめてたな…ナッツ…(--;)
そして微笑むこまちさんが可愛すぎる、この可愛さは世界を救える…
こまちさんのまわりの空気までマイナスイオンっていうか癒しオーラがでてる。まさにストレスも⇒リフレッシュ。

いつのまにかこまちさんとナッツ語りになってた。
ナツこまとココのぞが大好きです。。

拍手

PR
NAME
TITLE
MAIL
HOME
PASS
プロフィール
Name*桃(MOMO)
Birth day*3/27
153cm、35kg

コスプレイヤー。
のんびりマイペースに
写真を載せたり
萌えを叫んだり
何か書いたりする予定。


FF3・4・8~10-2・12、ICO、
エウレカセブン、プリキュア5、
VOCALOID、マクロスF等が好きです。特にFF9が大好き!


コスプレ写真はジャンルごとに
カテゴリー分けしてあります*




カテゴリー

月別に見る

リンク

最新コメント

ブログ内検索

忍者ブログ | [PR]
| BLOG DESIGNED TABLE ENOCH